採れたてのじゃがいもをおいしくいただく為に

じゃがいもの写真

じゃがいも子供も大人も大好きな、ほくほく美味しいじゃがいも。
じゃがいも掘りでは採れたてのじゃがいもを味わえますね。
さらに、おいしく長く楽しむためには、ちょっとしたコツがあります。

常温保存

じゃがいもじゃがいもは、泥のついたまま冷暗所で保存しましょう。日に当てると芽に含まれる毒素・ソラニンが生成されるので要注意。水気があると腐りやすいので、紙袋や新聞紙にくるむか、ダンボールごと風通しのよい場所に置くと良いです。りんごと一緒に入れておくと、りんごから出る成分が芽の成長を抑え、芽が出にくくなるという効果があります。じゃがいもは長持ちするので、夏でも1週間は保存可能。5℃以下の冷暗所であれば1~2ヶ月は持ちます。

冷蔵保存

冷蔵庫まず新聞紙でくるんで、さらにビニール袋に入れて、冷蔵保存(なるべく野菜室で)。1~2ヶ月は持ちます。

冷凍保温

ジャガイモはそのままでは冷凍保存に向いていません。 生のまま冷凍してしまうと組織が壊れ、解凍した時に水分が抜けてフカフカの状態になってしまい美味しくなくなってしまいます。 冷凍で長期保存したい場合は、一度電子レンジにかけるか、茹でるか蒸して完全に火を通し、それを潰してマッシュポテト状態にして小分けしてからにしましょう。 ポテトサラダやコロッケの具としてなら利用可能です。

光に当てないこと

ジャガイモは光が当たると光合成によって、緑色になります。 こうなると、味・品質が劣化するので、光の当たる場所での保存は禁物です。

じゃがいも掘りをもっと楽しむ為に